建設コンサルタント登録サポート

無料相談 東京03-5789-5360 大阪06-6266-1353


登録制度について

 border=

 border=


 border=

登録するための要件

 border=

 border=


 border=

技術管理者について

 border=

 border=


 border=

Q&A

 border=

 border=


 border=

新規登録申請

 border=

 border=


 border=

変更届出・追加登録

 border=

 border=


 border=

現況報告書提出

 border=

 border=


 border=

更新登録申請

 border=

 border=


 border=

入札参加資格登録

 border=

 border=


 border=

地方整備局一覧

 border=

 border=


 border=

登録規程

 border=

 border=
 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 堺筋本町駅

プライバシーポリシー・免責


 border=
トップページ > 技術管理者について
技術管理者について
■技術管理者の要件

技術管理者には下記に該当する方が就くことができます。

登録部門

技術管理者の要件

1

河川、砂防及び海岸

技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門(選択科目を河川、砂防及び海岸・海洋とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を建設一般並びに河川、砂防及び海岸・海洋とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

2

港湾及び空港

技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門(選択科目を港湾及び空港とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を建設一般並びに港湾及び空港とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

3

電力土木

技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門(選択科目を電力土木とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を建設一般及び電力部門とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

4

道路

技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門(選択科目を道路とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を建設一般及び道路とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

5

鉄道

技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門(選択科目を鉄道とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を建設一般及び鉄道とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

6

上水道及び工業用水道

技術士法による第二次試験のうち技術部門を上下水道部門(選択科目を上水道及び工業用水道とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を上下水道一般並びに上水道及び工業用水道とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

7

下水道

技術士法による第二次試験のうち技術部門を上下水道部門(選択科目を下水道とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を上下水道一般及び下水道とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

8

農業土木

技術士法による第二次試験のうち技術部門を農業部門(選択科目を農業土木とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を農業一般及び農業土木とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

9

森林土木

技術士法による第二次試験のうち技術部門を森林部門(選択科目を森林土木とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を森林一般及び森林土木とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

10

水産土木

技術士法による第二次試験の技術部門を水産部門(選択科目を水産土木とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を水産一般及び水産土木とするものに限る)に合格し、同法による登録を受けている者であること。

11

廃棄物

技術士法による第二次試験のうち技術部門を衛生工学部門(選択科目を廃棄物管理とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を衛生工学一般及び廃棄物管理とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

12

造園

技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門(選択科目を都市及び地方計画とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を建設一般並びに都市及び地方計画とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者で、造園部門に係る業務に関し実務の経験を有するものであること。

13

都市計画及び地方計画

1 技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門(選
  択科目を都市及び地方計画とするものに限る)又は総合
  技術監理部門(選択科目を建設一般並びに都市及び地方
  計画とするものに限る)とするものに合格し、同法による登
  録を受けている者であること。

2 建築士法(昭和二十五年法律第二百二号)による一級建
  築士の免許を受けている者で、当該免許を受けた後都市
  計画及び地方計画部門に係る業務に関し5年以上実務
  の経験を有するものであること。

14

地質

技術士法による第二次試験のうち技術部門を応用理学部門(選択科目を地質とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を応用理学一般及び地質とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

15

土質及び基礎

技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門(選択科目を土質及び基礎とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を建設一般並びに土質及び基礎とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

16

鋼構造及びコンクリート

技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門(選択科目を鋼構造及びコンクリートとするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を建設一般及び道路とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

17

トンネル

技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門(選択科目をトンネルとするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を建設一般及びトンネルとするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

18

施行計画、施行設備及び積算

技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門(選択科目を施工計画、施工設備及び積算とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を建設一般並びに施工計画、施工設備及び積算とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

19

建設環境

技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門(選択科目を建設環境とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を建設一般及び建設環境とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

20

機械

技術士法による第二次試験のうち技術部門を機械部門(選択科目を機械設計、材料力学、機械力学・制御、動力エネルギー、熱工学、流体工学、交通・物流機械及び建設機械、ロボット又は情報・精密機械とするものに限る)又は総合技術監理部門(選択科目を機械一般並びに機械設計、材料力学、機械力学・制御、動力エネルギー、熱工学、流体工学、交通・物流機械及び建設機械、ロボット又は情報、精密機器とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

21

電気・電子

技術士法による第二次試験のうち技術部門を電気電子部門又は総合技術監理部門(選択科目を電気電子一般及び発配変変電、電気応用、電子応用、情報通信又は電気設備とするものに限る)とするものに合格し、同法による登録を受けている者であること。

建設コンサルタント登録
Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.